三十路オンナの表と裏
趣味は旅行、映画と音楽鑑賞、写真、散歩、家庭菜園など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

なんのはな?
ベランダのラベンダーの香りに癒される三十路オンナです♪

11374141_775462362551984_1716536457_n.jpg

そして、あるお野菜のお花にも(w)

11372119_812878392094622_1735491942_n.jpg

なんのはな???

人参です!!!
こちらからも見れます。

ニンジン(人参、学名:Daucus carota subsp. sativus)はアフガニスタン原産のセリ科ニンジン属の2年草。
属名 Daucus、種小名 carota はラテン語でそれぞれ「パースニップ」、「ニンジン」の意。 英名 carrot、また栄養素カロテン(カロチン)の名は後者に由来。

日本への伝来は16世紀で、この頃は葉も根と同様に食用としていたが、明治時代以降では一般に根のみを食べるようになった。現在でも地域によっては、間引きのため抜去された株が葉を食べる商品として出荷されることがある。

カロテン類が豊富。カロテンの呼称がニンジンの英語名である「キャロット」に由来するように、ニンジンのカロテン量はずば抜けて多く、中くらいの半本で、1日のビタミンA必要量がとれるほどである。またビタミンB・C、カルシウム、鉄も多く、栄養的価値が高い。β-カロテンを多く含み、カロテノイドの一種であるリコピンを多く含むトマトといっしょに食べると癌予防によいと言われている。

まれに出荷される葉は、野菜炒め・天ぷら・お浸しなどで食べることが可能である。味はセリに似て、独特の清涼感がある。


130㎝位の大きさまで成長しています(w)

人参、大好きなお野菜の一つです。
葉っぱが大好きで、香草のようで、サラダにもして食べています。

野生児の私でも、さすがにお花は食べられないでしょう。。。

お花も楽しめるベランダでの家庭菜園、お勧めです♪♪♪

そして、夏野菜のトマト収穫が続いてるので、ベランダ産トマトでパスタを作りました。
IMG_0887_R.jpg
↑トッピングにベランダ産バジル。

今度はトマトで何を作ろうか、レシピを探す日々が続きそうな三十路オンナです。
↑簡単にできるものを探す日々です。。。料理スキル低いので。。。(ボソ)

川柳もどき


■初夏続き アイス続きで 虫歯なり(w)

■一休み 泳いだ後の かき氷♪
↑海好きなので。本当は旅行で海に行きたいのですが、水やりのため我慢です。。。

■浴衣着て 祖母と手つなぎ 夏の夜♪


お粗末さまです。。。
スポンサーサイト

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

こっそりと空きスペースと初摘みミント
チキンステーキを作った三十路オンナです。

IMG_0465.jpg
※塩麹に漬けこんだチキン。市販ピーマン、キュウリ、ベランダ産人参が付け合わせ。

はい、人参を収穫したのです♪

種まき病で、こっそりと、またベランダに空きスペースに種まき(w)
こんな人参さんが収穫できました♪♪♪
11190310_940930375957739_1018108344_n.jpg

とても美味しかったです♪♪♪

ベランダにパセリ同様、モサモサ状態なのが、ミント
11078917_856805041028105_1414294549_n.jpg

これから、暑くなってくると、ハーブのミント活躍しそうです♪♪♪

ミント (Mint) はシソ科ハッカ属(ミント属、メンタ属)の総称。ほとんどは多年草だが、一年草の種も少しある。
ミントおよび学名・メンタはギリシャ神話に登場するニンフのメンテーに由来する。

葉は、爽快味および冷涼感を与えるメントールに富むため、ハーブとして料理、カクテルや菓子、薬用酒などの材料となるほか、精油(エッセンシャルオイル)は香料として食品や歯磨き粉に添加されたり、アロマテラピーに用いられる。モロッコでは緑茶と生のミントを混ぜた茶を飲む。

漢方薬(生薬名:薄荷葉(はっかよう))としても清涼、解熱、発汗、健胃などの目的で用いられる。

■初摘みミント
その年、花が咲く前最初に刈り取ったミントをいう。雑味が少なくフレッシュな香りが特徴的。およそ6月から9月の間に花が咲くので、収穫時期はそれと同じくらいか少し前。 花が咲くとエネルギーがそこに注力し、香りが弱くなってしまうことからこの概念が生まれた。

■ふやし方
株分けとさし芽とタネまきができます。

株分けは植え替えと同時に行います。土を落として古い茎はすべて取り除き、芽を3~4本を一株にして植え付けます。もうすでに茎が長く伸びている場合は4節ほど残して切りつめてからか植え付けましょう。

さし芽は茎の先端を5~6cmに切って1時間ほど水にさして水揚げをしてから、湿らした用土を入れた鉢に挿します。根が出るまで乾かさないように半日陰の場所で管理します。

タネまきは春4月と秋9月にできます。自家採集したタネは親株に比べて香りが弱いもの株が出ることもあるので、市販のものを買い求めた方がよい。



人参を収穫して、その空いたスペースに何の種まきしようか、妄想中の三十路オンナです(w)
↑もう、病気。。。(ボソ)

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

お素麺とMilky Way
頂き物のお素麺を茹でて、夕食に頂いた三十路オンナです。

CIMG3758.jpg

※緑は人参の葉っぱ。

七夕(たなばた、しちせき)は、五節句の一つ。

日本古来の豊作を祖霊に祈る祭(お盆)に、中国から伝来した女性が針仕事の上達を願う乞巧奠(きっこうでん/きこうでん)や佛教の盂蘭盆会(お盆)などが習合したものと考えられている。そもそも七夕は棚幡とも書いたが、現在でもお盆行事の一部でもあり、笹は精霊(祖先の霊)が宿る依代で、元来、中国での行事であったものが奈良時代に伝わり、元からあった日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれた言葉である。

 「平安時代の書物(『延喜式』)に、七夕にそうめんを食べると大病にかからないと書かれ、宮中で食べられ一般に普及したと伝えられています」(noname#12506)

江戸時代には、七夕にそうめんを供え物とする習俗が広まっていった。これは、細く長いそうめんを糸に見立てて裁縫の上達を祈願したものである


日本乾麺協同組合連合会では、7月7日をそうめんの日と定めている。



毎年、夏になると、お素麺をお友達が送ってくれます。

麺類大好きな私で、お友達に感謝です♪♪♪

とっても美味しいお素麺でした。


夕顔です♪♪♪


CIMG3766.jpg

白花で、熱帯アメリカ原産のつる性植物。

原産地においては多年草であるが、日本では春まきの一年草として扱う。4~5月頃に種をまく(発芽には約20度程度必要なので、一般にはゴールデンウィークを目安に蒔くのが望ましい)と、7~10月頃(暖地では11月頃まで)に開花する。花はロート形で夕方から咲き始め翌朝にしぼむ。 日本には明治の始め頃に渡来し、観賞用として栽培された。

ヨルガオのことを「ユウガオ」という人も多いが、標準和名のユウガオ(学名Lagenaria siceraria var. hispida)はウリ科の野菜(かんぴょうの原料となる)で全く別種である。

花言葉は「夜」。



朝顔も可愛いですが、雨露の夕顔も、素敵ですね♪♪♪

これから、ベランダに出て、水やり後に天の川を見てみたいと思う三十路オンナです。











ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

トマトソース消費が続く日々???
レタスラディッシュなど収穫した三十路オンナです。

CIMG3377.jpg

収穫祭りは続くのです。。。
↑種まき病。。。保存食作り、真剣に考えねば。。。(ボソ)

朝食はいつもの手抜きなラディッシュレタスのサラダに、ピザトースト。
(作りすぎたトマトソースをを使って)

そして、蕪の葉っぱ入り、トマトスープです。



人参、今回は収穫できそうな予感です。
CIMG3519.jpg

人参のプランターは、お素麺の木箱を利用しています(w)

これから、木箱もリユースで
プランター代わりに使いと思う三十路オンナです♪
↑知能レベル低すぎなわたし。。。(ボソ)


川柳もどき


■竹林 皆が集って 流れ麺♪
↑流しそうめんなど、冷たい麺類などが美味しくなってきましたね♪


■素麺に ワサビや生姜 入れすぎよ(w)
↑かなり沢山いれる薬味星人です(w)


人参の 葉っぱでお浸し 楽しみよ♪

ニンジンの葉は、野菜炒め・天ぷら・お浸しなどで食べることが可能。
味はセリに似て、独特の清涼感がある。



お粗末様です。。。




ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

今回はどうなる???
お味噌汁を飲んだ三十路オンナです。
DSCN0354.jpg
※わかめ、寒天、大根入り

お味噌汁、大好きです♪

先日、買った雑誌で日本の発酵食品の素晴らしさがのっていました。

お味噌汁も、これから、定期的に飲もうと思います。

鰤の照り焼きを作りました。

CIMG3230.jpg
※緑はベランダのラディッシュの葉っぱ。見た目を気にしたのです。。。レシピはこちら

標準和名「ブリ」については、江戸時代の本草学者である貝原益軒が「脂多き魚なり、脂の上を略する」と語っており、「アブラ」が「ブラ」へ、さらに転訛し「ブリ」となったという説がある。

漢字「鰤」は「『師走』(12月)に脂が乗って旨くなる魚だから」、または「『師』は大魚であることを表すため」等の説がある。

他にも身が赤くて「ブリブリ」しているからといった説がある。

旬は産卵期前で脂が乗る冬とされており、日本ではこの時期のブリを特に「寒ブリ」と呼ぶ。寒ブリは同属種のカンパチやヒラマサよりも脂肪が多く、独特の風味がある。但し産卵後の春には脂肪量が減少する。

刺身、たたき、寿司、しゃぶしゃぶ、味噌漬け、焼き魚(照り焼き、塩焼き)、煮魚(ぶり大根)等で食べられる。出世魚で縁起が良いこともあり、西日本では御節料理に欠かせない食材とされている(東日本ではおもにサケを使用する)。また、特に富山県や石川県では、かぶら寿司の食材として使用されることもある。



鰤の由来、色んな説があり、面白いですね♪

鰤は冬のお魚ですが、春のお魚も楽しみです♪
↑お魚大好き星人なので。。。(ボソ)

さて、ベランダのスローな成長の人参です。

CIMG3233.jpg


本当にスローな成長に2度目もびっくりです(w)

人参、今度は収穫ができるといいなと思う三十路オンナです。


川柳もどき


■種買って 数か月後は 収穫よ♪


■朝食の サラダはベランダ お野菜で♪


■緑増え ベランダ景観 リラックス♪


お粗末さまです。。。






























ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。