三十路オンナの表と裏
趣味は旅行、映画と音楽鑑賞、写真、散歩、家庭菜園など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

高尾山オフ
明日は雨っぽいので高尾山は延期します。
あー 残念です
スポンサーサイト

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

[FYI]ブルーマンション
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

歩く宣言!
今朝は二日酔いの三十路オンナでした。。。

あは。

食べすぎ、飲みすぎ。
更に夜のヨガもさぼりました。。。

ちなみに昨日は水炊きを食いました!




この寒い季節に鍋は最高ですね!

鍋の中で一番すきなのはシンプルにポン酢で
食べる水炊きです。

あ、でも、鍋の中ですき焼きだけはクエン。。。

あまいから。。。
↑辛いもの好きで、ご飯に甘いものが禁句である三十路オンナ。。。

あと、生卵につけて、食べるのもきもい。。。

話は戻って、
昔はいつも飲んだ帰りは一駅歩くようにしていた三十路オンナ。
酔いを醒ます意味もあり。

これから、飲んだ時は帰りは一駅歩くようにしようと思います。

ちなみにいつも拝見してるガムガムヨロシクさんも好きなものを食べ、
歩いてメタボ解消しています!

食事を極端に抜いたダイエットや、拒食症は体に悪く、
全くナンセンスだと個人的に思います。

健康的に食べ物を美味しく、適度な運動がベストだと思う三十路オンナです。

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

2,3月でよくなる???
退職願を書いてくれといわれた人の相談を見た三十路オンナです。

とある無知なお方(○○ち)が去年言った。

2、3月は12、1月よりまだ景気もよくなり、
求人も出てくると。

おめー、ばかか?と言いたい。

これから、期末に向けて、一気に業績悪化するんだよーーー!!!

更にもっと、今年は去年より景気悪化するんだよーーー。

それが、数年は続く可能性が高いんだよーーー!!!

あそう、しっかりしろ!
というか、日本の政治、死んでます。。。。

((((゚Д゚;))))ガクガクブルブル

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

[FYI]高尾山登山オフ会のお知らせ その4
昨日、ニュースを見て愕然とした三十路オンナです。

今週土曜日に第一回高尾オフを楽しみにしてるのですが、
天気予報を見ると、土曜日、雨。。。

まじですか。。。。

折角、登山するので、雨だと厳しいですかね。。。やはり。。。

更にショックだったのは
ビアホール「高尾山ビアマウント」は夏季のみ営業だったのです。

あんぷさん、ありがとーございます。

全く気づかなかった三十路オンナです。。。

ま、その時は駅周辺の居酒屋さんなどでもいいかなと
個人的に思ってます。
どなたか、お勧めのお店など知ってましたら、コメントくださいな!
(その前に天気が。。。)

金曜日まで、毎日、天気予報をチェックする日々が
続きそうな三十路オンナです。。


テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

Tokyo 0円ハウス0円生活
本の雑誌を読んでる三十路オンナです。

また、面白そうな本を発見しました。

それは「Tokyo 0円ハウス0円生活」。




建築家の坂口恭平さんが自分の理想の家を模索していたところ、
理想の家を発見したのですが、
その理想の家は隅田川に住むホームレスの鈴木さんのお家!

「0円で生活をすることができる」という生活哲学を実践し、
隅田川で放置されていたブルーシート、木などを再利用して、自分の家を作り、
そこで生活してる鈴木さんのことについて書かれた本なのです。

おもしろそーーー!!!

30前後から、
「ホント、日本って便利なんだけれど、物がありすぎ。」と思っていた三十路オンナ。
「最低限のものさえあれば、いい」と思う日々だったりします。
↑家も物が溢れるのがいやなので、あまり物がありません。
 でも、汚い。。。なして???(笑)

ちなみに、1/11に
東京0円生活ナイト!というイベントもあったようです。
---
■イベント内容
もうこれ以上建築を作る必要はないと感じ、
新しい家、生活の在り方を求めて東京を探検していた坂口恭平は
ある日、隅田川沿岸で路上生活をしている鈴木正三と出会う。

彼は「東京では0円で生活をすることができる」という生活哲学を実践し、
釘一本買わずにゴミを拾い集め家を建て、
バッテリーを貰ってきてはテレビ、ラジオを利用したりと独自の発明を繰り返し、
さらにはアルミ缶を拾い十分な稼ぎを得ることまで可能にしていた。

坂口は鈴木を「隅田川のエジソン」と呼び、
彼による完全なる0円生活を記録し本を出版した。

都市の余剰物であるゴミを転用した0円生活は、
まさに人間の根源的な生活の姿であり、
同時にこれからの家、生活にとっても大きな可能性を示している。

さらに今回は、不燃ゴミの中から宝物を掘り出し、
毎日、山谷で開催されている路上のドロボウ市で
古道具屋を営み月収30万円を叩き出しなが路上生活を続ける
宝探しの達人Kさんも加わり、
司会には雑誌hon-ninの編集長北尾修一氏を迎え、
東京における0円生活の可能性を多角的に語り合う。

家、生活、仕事など自分に関わること全てを一度ゼロから考え直してみようではないか!

---

このイベントに参加した方の感想が聞きたいですね。

こういう本を見つけられるので、
これからも本の雑誌の定期購読をしようと思う三十路オンナです。




テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

[FYI]高尾山登山オフ会のお知らせ その3
週末は食べすぎ、飲みすぎた三十路オンナです。。。

あーん。
折角のヨガの効果が。。。

ま、また今日からヨガがんばります。

さて、1/31(土)第一回 高尾山オフを実行したいと思います。
わーい、わーい。

詳細について(待ち合わせ場所)をメールさせていただきますので、
参加希望の方は非公開でコメントください!

さて、今日は腹筋20回もプラスしてがんばりたいと思います。

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

今みたいんです。
アカデミーが近づくにつれ、
見たい映画が増えてきている三十路オンナです。

数年前にゲバラ日記を読んだので、まずは「チェ 28歳の革命」を見たい!



好きな俳優の一人であるベニチオ・デル・トロがゲバラを演じてるし、
監督はソダーバーグだし、これは絶対に見逃せない映画だなー。

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

おもろー
デヴィ夫人のブログおもすろすぎ。

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

オバマ大統領就任演説のせてみた
オバマ大統領就任演説 生声CDつき」を予約した三十路オンナです。



家の一家(オトン、オカン、ブラザー)もやはり、生で見ていたようです。
(そのため、翌日は寝不足でふらふら。。。)

オカンは更にその日一日パレードなどの映像も含め、
HDに録画し、自作のオバマDVDを作るらしい。(笑)

就任式の翌日、USの方の反応を見ると、
みんな、やっぱり、感動していた。

その前は史上最低の大統領といわれたブッシュちんだからね。
ブッシュちん、テキサスで執筆活動がんばってくれ。
あ、自分でかけるか???ゴーストライターに書いてもらう?
↑言いすぎ???


さて、演説の原文を忘れたくないので、
ブログにのせておこうと思います。

ソース元はこちら

My fellow citizens:

 I stand here today humbled by the task before us, grateful for the trust you have bestowed, mindful of the sacrifices borne by our ancestors. I thank President Bush for his service to our nation, as well as the generosity and cooperation he has shown throughout this transition.

 Forty-four Americans have now taken the presidential oath. The words have been spoken during rising tides of prosperity and the still waters of peace. Yet, every so often the oath is taken amidst gathering clouds and raging storms. At these moments, America has carried on not simply because of the skill or vision of those in high office, but because We the People have remained faithful to the ideals of our forbearers, and true to our founding documents.

 So it has been. So it must be with this generation of Americans.

 That we are in the midst of crisis is now well understood. Our nation is at war, against a far-reaching network of violence and hatred. Our economy is badly weakened, a consequence of greed and irresponsibility on the part of some, but also our collective failure to make hard choices and prepare the nation for a new age. Homes have been lost; jobs shed; businesses shuttered. Our health care is too costly; our schools fail too many; and each day brings further evidence that the ways we use energy strengthen our adversaries and threaten our planet.

 These are the indicators of crisis, subject to data and statistics. Less measurable but no less profound is a sapping of confidence across our land - a nagging fear that America's decline is inevitable, and that the next generation must lower its sights.

 Today I say to you that the challenges we face are real. They are serious and they are many. They will not be met easily or in a short span of time. But know this, America - they will be met.

 On this day, we gather because we have chosen hope over fear, unity of purpose over conflict and discord.

 On this day, we come to proclaim an end to the petty grievances and false promises, the recriminations and worn out dogmas, that for far too long have strangled our politics.

 We remain a young nation, but in the words of Scripture, the time has come to set aside childish things. The time has come to reaffirm our enduring spirit; to choose our better history; to carry forward that precious gift, that noble idea, passed on from generation to generation: the God-given promise that all are equal, all are free, and all deserve a chance to pursue their full measure of happiness.

 In reaffirming the greatness of our nation, we understand that greatness is never a given. It must be earned. Our journey has never been one of short-cuts or settling for less. It has not been the path for the faint-hearted - for those who prefer leisure over work, or seek only the pleasures of riches and fame. Rather, it has been the risk-takers, the doers, the makers of things - some celebrated but more often men and women obscure in their labor, who have carried us up the long, rugged path towards prosperity and freedom.

 For us, they packed up their few worldly possessions and traveled across oceans in search of a new life.

 For us, they toiled in sweatshops and settled the West; endured the lash of the whip and plowed the hard earth.

 For us, they fought and died, in places like Concord and Gettysburg; Normandy and Khe Sahn.

 Time and again these men and women struggled and sacrificed and worked till their hands were raw so that we might live a better life. They saw America as bigger than the sum of our individual ambitions; greater than all the differences of birth or wealth or faction.

 This is the journey we continue today. We remain the most prosperous, powerful nation on Earth. Our workers are no less productive than when this crisis began. Our minds are no less inventive, our goods and services no less needed than they were last week or last month or last year. Our capacity remains undiminished. But our time of standing pat, of protecting narrow interests and putting off unpleasant decisions - that time has surely passed. Starting today, we must pick ourselves up, dust ourselves off, and begin again the work of remaking America.

 For everywhere we look, there is work to be done. The state of the economy calls for action, bold and swift, and we will act - not only to create new jobs, but to lay a new foundation for growth. We will build the roads and bridges, the electric grids and digital lines that feed our commerce and bind us together. We will restore science to its rightful place, and wield technology's wonders to raise health care's quality and lower its cost. We will harness the sun and the winds and the soil to fuel our cars and run our factories. And we will transform our schools and colleges and universities to meet the demands of a new age. All this we can do. And all this we will do.

 Now, there are some who question the scale of our ambitions - who suggest that our system cannot tolerate too many big plans. Their memories are short. For they have forgotten what this country has already done; what free men and women can achieve when imagination is joined to common purpose, and necessity to courage.

 What the cynics fail to understand is that the ground has shifted beneath them - that the stale political arguments that have consumed us for so long no longer apply. The question we ask today is not whether our government is too big or too small, but whether it works - whether it helps families find jobs at a decent wage, care they can afford, a retirement that is dignified. Where the answer is yes, we intend to move forward. Where the answer is no, programs will end. And those of us who manage the public's dollars will be held to account - to spend wisely, reform bad habits, and do our business in the light of day - because only then can we restore the vital trust between a people and their government.

 Nor is the question before us whether the market is a force for good or ill. Its power to generate wealth and expand freedom is unmatched, but this crisis has reminded us that without a watchful eye, the market can spin out of control - and that a nation cannot prosper long when it favors only the prosperous. The success of our economy has always depended not just on the size of our Gross Domestic Product, but on the reach of our prosperity; on our ability to extend opportunity to every willing heart - not out of charity, but because it is the surest route to our common good.

 As for our common defense, we reject as false the choice between our safety and our ideals. Our Founding Fathers, faced with perils we can scarcely imagine, drafted a charter to assure the rule of law and the rights of man, a charter expanded by the blood of generations. Those ideals still light the world, and we will not give them up for expedience's sake. And so to all other peoples and governments who are watching today, from the grandest capitals to the small village where my father was born: know that America is a friend of each nation and every man, woman, and child who seeks a future of peace and dignity, and that we are ready to lead once more.

 Recall that earlier generations faced down fascism and communism not just with missiles and tanks, but with sturdy alliances and enduring convictions. They understood that our power alone cannot protect us, nor does it entitle us to do as we please. Instead, they knew that our power grows through its prudent use; our security emanates from the justness of our cause, the force of our example, the tempering qualities of humility and restraint.

 We are the keepers of this legacy. Guided by these principles once more, we can meet those new threats that demand even greater effort - even greater cooperation and understanding between nations. We will begin to responsibly leave Iraq to its people, and forge a hard-earned peace in Afghanistan. With old friends and former foes, we will work tirelessly to lessen the nuclear threat, and roll back the specter of a warming planet. We will not apologize for our way of life, nor will we waver in its defense, and for those who seek to advance their aims by inducing terror and slaughtering innocents, we say to you now that our spirit is stronger and cannot be broken; you cannot outlast us, and we will defeat you.

 For we know that our patchwork heritage is a strength, not a weakness. We are a nation of Christians and Muslims, Jews and Hindus - and non-believers. We are shaped by every language and culture, drawn from every end of this Earth; and because we have tasted the bitter swill of civil war and segregation, and emerged from that dark chapter stronger and more united, we cannot help but believe that the old hatreds shall someday pass; that the lines of tribe shall soon dissolve; that as the world grows smaller, our common humanity shall reveal itself; and that America must play its role in ushering in a new era of peace.

 To the Muslim world, we seek a new way forward, based on mutual interest and mutual respect. To those leaders around the globe who seek to sow conflict, or blame their society's ills on the West - know that your people will judge you on what you can build, not what you destroy. To those who cling to power through corruption and deceit and the silencing of dissent, know that you are on the wrong side of history; but that we will extend a hand if you are willing to unclench your fist.

 To the people of poor nations, we pledge to work alongside you to make your farms flourish and let clean waters flow; to nourish starved bodies and feed hungry minds. And to those nations like ours that enjoy relative plenty, we say we can no longer afford indifference to suffering outside our borders; nor can we consume the world's resources without regard to effect. For the world has changed, and we must change with it.

 As we consider the road that unfolds before us, we remember with humble gratitude those brave Americans who, at this very hour, patrol far-off deserts and distant mountains. They have something to tell us today, just as the fallen heroes who lie in Arlington whisper through the ages. We honor them not only because they are guardians of our liberty, but because they embody the spirit of service; a willingness to find meaning in something greater than themselves. And yet, at this moment - a moment that will define a generation - it is precisely this spirit that must inhabit us all.

 For as much as government can do and must do, it is ultimately the faith and determination of the American people upon which this nation relies. It is the kindness to take in a stranger when the levees break, the selflessness of workers who would rather cut their hours than see a friend lose their job which sees us through our darkest hours. It is the firefighter's courage to storm a stairway filled with smoke, but also a parent's willingness to nurture a child, that finally decides our fate.

 Our challenges may be new. The instruments with which we meet them may be new. But those values upon which our success depends - hard work and honesty, courage and fair play, tolerance and curiosity, loyalty and patriotism - these things are old. These things are true. They have been the quiet force of progress throughout our history. What is demanded then is a return to these truths. What is required of us now is a new era of responsibility - a recognition, on the part of every American, that we have duties to ourselves, our nation, and the world, duties that we do not grudgingly accept but rather seize gladly, firm in the knowledge that there is nothing so satisfying to the spirit, so defining of our character, than giving our all to a difficult task.

 This is the price and the promise of citizenship.

 This is the source of our confidence - the knowledge that God calls on us to shape an uncertain destiny.

 This is the meaning of our liberty and our creed - why men and women and children of every race and every faith can join in celebration across this magnificent mall, and why a man whose father less than sixty years ago might not have been served at a local restaurant can now stand before you to take a most sacred oath.

 So let us mark this day with remembrance, of who we are and how far we have traveled. In the year of America's birth, in the coldest of months, a small band of patriots huddled by dying campfires on the shores of an icy river. The capital was abandoned. The enemy was advancing. The snow was stained with blood. At a moment when the outcome of our revolution was most in doubt, the father of our nation ordered these words be read to the people:

 "Let it be told to the future world...that in the depth of winter, when nothing but hope and virtue could survive...that the city and the country, alarmed at one common danger, came forth to meet [it]."

 America. In the face of our common dangers, in this winter of our hardship, let us remember these timeless words. With hope and virtue, let us brave once more the icy currents, and endure what storms may come. Let it be said by our children's children that when we were tested we refused to let this journey end, that we did not turn back nor did we falter; and with eyes fixed on the horizon and God's grace upon us, we carried forth that great gift of freedom and delivered it safely to future generations.

 Thank you. God bless you and God bless the United States of America.

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

[FYI]高尾山登山オフ会のお知らせ その2
少し筋肉痛の三十路オンナです。
↑朝晩10分のヨガで。。。よわすぎ。。。

高尾山オフの件ですが、
2回、実施しようかなと思っています。(笑)

その日の天気もあるだろうし。

まず、1回目は1/31、そして2回目は2/14。

ちなみに留学生は2/14参加予定です。

待ち合わせは新宿に2時。
そして、みんなで高尾山口駅まで電車に乗り、下車。
(現地集合も可です。)

そして、登山!
(登山は参加されない方もOK)

その後、眺めを楽しみ、お参りをし、
ビアホール「高尾山ビアマウント」があいていたら、
そこで、お食事もありかなと思っています。
(アルコール以外もあります。)


食べ放題、飲み放題で3000円台はお安いですしね。
(ま、その場の流れで、混んでいたら、駅周辺で。)

さて、今からまた、恒例の10分ヨガがんばりますー。
↑今日は飲み会なので、夜はヨガができないのです。。。
  あ、その前に食べ過ぎに気をつけないと。
 ((((゚Д゚;))))ガクガクブルブル

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

wikipediaで笑う
wikipediaにお世話になりっぱの三十路オンナです。

先日、リンクを辿っていくと、
最後にデーブ・すぺくたーにたどり着きました。
↑ますぞえから、朝生の出演に彼がいた。

読み続けて、ぷっと笑ってしまいました。

デーブ・スペクター(Dave Spector。1954年5月5日 - )は
アメリカ合衆国シカゴ出身のアメリカ人テレビプロデューサー、
放送作家、著作家。妻はエッセイスト・コラムニストの京子・スペクター。

そして、英検2級[1]。

英検2級ってところに受けました。
デーブ、おもすろいじゃん!
更にこういうネタをちゃんと載せてるってのもすんばらしいですたい。

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

またはじめたよ
朝と夜に10分のヨガポーズを決める三十路オンナです。

かなり体力が落ちてるので、
いきなり、無理すると、挫折しそうで。。。
↑よわっ。。。

ただ、体力不足はなんとかしたいので、
高尾山のハイキングまでにはがんばります!

さて、昨日、高尾山ハイキングについて
とある知人に話したところ、「参加したい!」とのこと。

その知人は、日本へ留学に来た海外の方。
英語、やば。。。

まぁ、日本語習得に来てるから、
知人は日本語で話そうとがんばってることに
期待するだめだめ人間だったり。。。

オバマ演説集をお給料が出たら購入したいと思う三十路オンナです。

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

居酒屋で最高の一日
ウエスト周りに贅肉一杯の三十路オンナです。
↑いかーん。。。

以前、ヨガをやっていた時にかなりしぼったのに、
ここ半年くらいで、元の木阿弥。
いや、それ以上に。。。

前にはいていたパンツがはけん。。。
ウエストが超きつい。。。

というわけで、今日からまた毎日ヨガをやることにします。

さて、昨日と今日にかけて、
歴史的な一日でしたね。

はい。オバマ大統領誕生!

もちろん、見ました。演説を!

すばらしい演説でした。
感動しますなー。
見終わった後、拍手しちゃいましたよ。(笑)

実際にDCで生で見た人はもっと感動も大きいに違いないだろうなー。
あー、うらやましい。

また、アメリカの底力とタフさを感じました。

やっぱ、アメリカってすごいわ。ホント。

まじで、今年、DCにいってみたくなってます。
↑「お金は?」といわれそうですが。(ボソ)

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

夜景を見に
高尾山ビアマウントに行きたい三十路オンナです。

ビアガーデンがあるのはしっていましたが、
HPを見ると、\3,000で2時間制で食べ放題・飲み放題らしい!

いってみたいー。

さて、今日はなんとなく、夜景を見たい気分なので、
今から出かける予定の三十路オンナです。

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

いよいよ、Yes,we can なんでつね。
いよいよ、オバマさんが大統領。

あー、また、いきてー、DCに。
ブッシュは嫌いだから、興味もなかったけど、
オバマさんの就任式は見てみたいなー。

クラブサンド、ザ・パームのステーキも食いたいし、
スミソニアン巡りもまたしたいし。

3月にでもいってしまうか。
 

ところで、気になるのが、
麻生を応援していたオタクの人たちは今どうなったのか???

彼らは今も麻生を支持してるのか???

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

ポールも食ったかき揚蕎麦
高尾山オフのためにお店を探してる三十路オンナです。

誰か知ってる人、おせーて。
↑他力本願。

今日見つけたのは、薬王院の近くに「もみじや」



ポール・マッカートニーがここでかき揚げそばを食べたらしいですよー。



特製かき揚げそば 1200円

お店に入らなくても、話のネタに立ち寄るのもいいかも。(笑)



あー、お蕎麦ネタかいてるうちに、お腹空いてきました。

今日の夕飯はかき揚蕎麦に決定!(笑)

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

手が。。。。
ウエストのお肉が気になる三十路オンナです。。。


だめだ。。。まじで、運動不足。

寒いから、ついつい外に出る気もせず、
食って飲んでばっかだし。。。

まぁ、年齢的に新陳代謝も落ちてきてるってのも大きいと思う。。。

昨日はオトンと話して、
オトンのジム話で盛り上がる。

また、昨日はジムのマシンで7キロ走り、
その後もプールで泳いだらしい。

えらすぎ。。。

怠け者の娘にはできんよ。。。

話は変わって、この時期、手が痛くて仕方がない。

はい、あかぎれ。。。
↑しもやけ???

油分が足りないのか、手の皮がぼろぼろで、真っ赤。。。

ひりひりする真っ赤な手にはオリブ油を塗りこむ三十路オンナです。。。



手だけでなく、お肌や髪にも使えるから、便利。
更に値段も安いし。(笑)
↑貧乏?

さて、今から二度寝します。
↑朝まで本を読んでいて寝不足。。。

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

[FYI]高尾山登山オフ会のお知らせ
寒い毎日で引きこもりで、太っていく三十路オンナです。(笑)

さて、jafoさんが高尾山オフ会に参加表明してくれたようで、
とってもうれしい三十路オンナです。

表参道コースにチャレンジしたいと思ってるのですが、
無謀でしょうか?(笑)

まぁ、途中で辛くなったら、
高尾山駅から山頂までケーブルカーにのっていいいし。
(いや、でも過去富士山登山したことのある三十路オンナは頑張るつもりです。)

あとは日程と時間を決めたいと思う三十路オンナです。

>jafoさん

参加表明、ありがとうございますー。
色々とありますが、気分転換して楽しみましょう~。
運動の後のお酒も美味しいと思いますしね。
↑のん兵衛???

日程は1/31(土)で考えています。

直前まで受付可能ですので、
運動したい! or 自然を感じたい!
あ、もちろん、お酒飲みたい!の気持ちがあれば、
どなたでも参加OKです。

1/26から高尾山の冬そばキャンペーンが始まるそうで、
おそばのお土産を買いたい方はこのタイミングを狙うといいですねー。

※2/9の高尾山献上そば行列にも行ってみたい。
超混みそうだが。((((゚Д゚;))))ガクガクブルブル

当日は2時くらいに新宿駅あたりで集合して、
現地に行って高尾山を楽しみ、その後は飲み会を計画中です。


あー、待ち遠しい!!!

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

雫井脩介の虚貌
ついにグーグルもリストラをはじめたようですね。
グーグル、採用部門100人削減 欧米の開発3拠点も廃止
↑こんな時に転職しちゃいかんとつくづく思う。。。

くらいニュースばかりで気がめいりそうな時は
読書に逃げる三十路オンナです。(笑)

今の目標は宝島社から毎年発表される
「このミステリーがすごい!大賞」を受賞した作品を読破することです。

なので、自宅には読みたい本たちが沢山。
昨日も一冊読破しました!

それは雫井脩介の作品です。

昔、「火の粉」を読んでから、すごい!と思った。



「犯人に告ぐ」も面白かったので、


「虚貌」も読み終えました。



で、感想は、「犯人に告ぐ」より面白かった!

ミステリーを読んでいて面白いと感じるのは
事件が起こり、ストーリーに出てくる人間関係や事柄を元に
自分も犯人を推理していく楽しみがあることかなぁ。

読んでいて、「これはもしや彼が犯人では!」と分かったけれど、
(あー、いいたい!)
後半のストーリー性にびっくり!

ラストが知りたくて、明け方まで眠い目をこすりながら、
読んでいた三十路オンナです。(笑)

雫井脩介の作品で言うと、
「火の粉」の次に好きな作品となりました。

ちなみにストーリーは
ある一家が4人組に惨殺されます。
生き残ったのは子供たち。(姉と弟)
それから20数年、犯人たち4人組が殺されていきます。

その事件を余命少ない刑事が調べていくというストーリー。


まず一家惨殺の模様が描かれているんだけれど、
お風呂に入ってる息子に、犯人の一人が石油オイルをふりかけ、
マッチに火をつける。
(このシーンは後半にもキーになります。)

息子の顔面に火がつき、
それを冷静に見てる犯人。

そこへ息子の父親がかけつけ、
自分の体にも火がつき、息も絶え絶えのところ、
息子を助ける。

その描写を読んだ時に親の心理を
結局、生き残ったのは姉と弟のみ。
二人は施設に送られるが、姉はショックのため、自殺。

それから20数年後たち、
複雑に人間関係が絡まり、
刑事、そして刑事の娘まで、20数年前の事件に巻き込まれてしまうというお話でした。

ラストはほんとにびっくりしますよ!

ミステリー好きな方にはお勧めです。

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

不景気で本の雑誌社もきびしい。。。
本の雑誌社もこの不況で、経営危機に陥ってるそうです。。。
(詳細はこちら

最近、全然、本の雑誌かってなかったなーと気づき、
只今、注文した三十路オンナ。



連載のコラムや、もちろん、本のレビューは読み応えがあり、
大好きな雑誌です。

ついで、椎名誠のまだ読んでいなかった「自走式漂流記」と「新宿熱風どかどか団」も注文しました。



「新宿熱風どかどか団」は前作の「本の雑誌血風録」続編。



ストーリは

「本の雑誌」は創刊4年目。
発行部数は2万部、社員1人、椎名誠は35歳、ついに脱サラし、物書きとして独立した。

体当たりルポの連載、憧れのホテルカンヅメ初体験、
初のサイン会と刺激的な毎日が続く。

目黒考二は社長に、木村晋介も事務所を持ち、
沢野ひとしは…またも逃亡。

おなじみ「本の雑誌」メンバーたちの、夢に燃えたおかしなおかしな熱血どかどか人生が始まった。

---
あー、今から読むのが待ち遠しいです!


当分はこの書籍で楽しい時間を過ごせそうな
三十路オンナです。(笑)

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

高尾山へ行きませんか?
まだ初詣にいってない三十路オンナです。

さて、表題の通り、
高尾山にいってみたいと思う方いませんかー?




ニュースでもご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
ミシュランにも東京の観光スポットとしてのり、
沢山、海外の方がいってるそうです。
(詳細はこちら

天気の良い時は富士山も見えるそうです。

日程は土曜日。

運動不足の三十路オンナなので、
高尾山口駅から徒歩で約20分かけて、
高尾山薬王院にお参りをしてみたいなと思っています。
↑年末に階段をダッシュで登って、途中で息切れで倒れそうになり、
 運動不足を痛感した三十路オンナ。。。


もちろん、のん兵衛の三十路オンナなので、
お参り後は、駅周辺またはどこかで、地酒飲み会も計画中。

参加希望の方は
連絡先、また、希望日をコメントに残していってください。

久しぶりにオフ会のお誘いをするので緊張しとる三十路オンナです。(笑)
↑誰も参加してくれなかったら、どうしませう。(笑)
 ((((゚Д゚;))))ガクガクブルブル






テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

Happy new year!!!
あけましておめでとうございます。

久しぶりの更新となりましたが、
皆さんは年末年始、いかがお過ごしでしたか?

私はとある場所で10連休、のんびりしていました。

とある場所とは、ちなみに海外です。
直前に、この円高の恩恵を受けようと思い、
飛び立ちました。(笑)

さて、段々とこのブログの位置づけが自分にとって
不明確になってきています。

このネット社会、
具体的な名前や
出来事をブログののせてしまうというのも怖いし、
(以前が毒舌すぎた???)
また、ブログに以前ほど書くことが
なくなってきたというのもあるかもしれません。(笑)

嫌なことも良いこともそれなりに毎日何かしら起きますが、
今年も平和に過ごしていければいいなと思う三十路オンナです。

皆さんもよい一年をお過ごしください!


2009年の目標を考えてみました。

1. 貯金

 せこせこ生活復活です。(笑)
 ↑年末年始使いすぎたため。

2. オフ会実施

 昨年はオフ会を開催することがありませんでしたが、
 (会社に戻って、バタバタしてたため。。。)
 今年はまた以前と違った方たちとも
 お酒を飲みたいし、
 他にもイベント的なオフ会もやりたいなと思っています。

 あ、もちろん、お互いのグチを言うためのオフ会もありですので。(笑)

 ブログでオフ会開催をお知らせするので、
 是非、三十路オンナを見たい方(笑)、気軽に参加してください。

3. 親孝行

 今年こそはちゃんとした親孝行をしたい。
 両親の旅費も負担して、両親の行きたいところへ!

4.脱リーマン

 はい。(笑)
 もうリーマンはいや。いや。(笑)

 実は昨年から知人と、とある事について話して、
 色々と調べていました。
 
 ことしはその事を片手間でとりあえず、初め、
 それをメインにリーマン生活から脱却したいです。(笑)

 そのうち、詳しくお話するかもです。

と、まぁ、プライベートを充実させて、
今後の道を広げて生きたいと思う三十路オンナです。

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。