FC2ブログ
三十路オンナの表と裏
趣味は旅行、映画と音楽鑑賞、写真、散歩、家庭菜園など。
2017年 一人旅 トルコ旅行 アフヨンとカイマク(Kaymak) 4日目
昼食後は、アフヨンに立ち寄りました。
↓沢山のポピー咲いていました♪

IMG_6602.jpg

アフィヨンカラヒサール(トルコ語:Afyonkarahisar)
トルコ共和国の西部、エーゲ海地方のアフィヨンカラヒサール県にある都市で、同県の県都。首都アンカラの南西250kmの内陸部に位置している。冬季は冷え込み、路面も凍結する。かつては、カラヒサール・サーヒブと呼ばれ、今日、アフィヨンとも呼ばれる。



↓トルコ人ガイドのシミットさんです。
IMG_6605.jpg

私の買いたいものについて、どこのお店で買えばいいかなど、詳しく教えてくださいました。
そのおかげで買いたいものが買えてよかったです。
IMG_6607.jpg

IMG_6608.jpg

IMG_6609.jpg

IMG_6610.jpg

ケシの花が沢山さいてるケシ畑がありました。

IMG_6603.jpg

IMG_6604.jpg
ケシは地中海地方が原産でトルコは、世界中の薬用のケシのうちおよそ25%を生産してるそうです。

ケシ畑の詳細はこちら

IMG_6611.jpg

ケシ畑を見た後、ドライブインへ行き、トルコ名物カイマックルを食べました。
IMG_6612.jpg

カイマク(Kaymak)
クロテッドクリームに似た、トルコのクリーム状の乳製品である。ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、セルビア等のバルカン半島諸国や中東、中央アジア、イラン、パキスタン、アフガニスタン、アゼルバイジャン、インドでも人気がある。水牛か牛の乳汁から作る。

伝統的な作り方は、牛乳をゆっくりと温め、その後極低温で2時間煮込む。火を止めた後、クリームの上澄みをすくい、数日間から数日の間、自然に冷やして発酵させる。カイマクは乳脂肪分が高く、約60%にもなる。濃厚な風味と豊かな味わいを持つ。


生クリームが濃厚で美味しかったです。

トルコは日本にない乳製品が沢山あり、カイマックルもおいしかったです。
日本で食べられないのが、とても残念です。。。

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

2017年 一人旅 トルコ旅行 トルコ風ピザ 昼食 4日目
世界遺産のパムッカレ観光の後は、昼食のレストランへ。
IMG_6601.jpg

昼食に出たスープです。
IMG_6616.jpg

サラダ。
IMG_6674.jpg

人参、キュウリなど
サラダ。
IMG_6613.jpg
ドレッシングはシンプルにビネガー、オリーブオイル、塩、胡椒でした。

マッシュルームのソテー
IMG_6620.jpg

マッシュルームがおいしかったので、沢山とった私です。
IMG_6614.jpg

お肉と野菜のソテーとライス。
IMG_6619.jpg

トルコ風ピザがでました。
IMG_6618.jpg

トルコ風ピザ ラフマジュンともいう。 薄いぱりっとした生地にトマト、挽肉、タマネギ、ニンニクなどを乗せて焼いてあります。 適当な大きさに切って出され、おやつ感覚で食べられる。



2種類のピザがあり、
IMG_6621.jpg
ピザ生地はとても薄く、クリスピーで、美味しかったです。

パンもでました。
IMG_6615.jpg

デザート。
IMG_6622.jpg

ババロア?
シナモンがトッピングされていて、、美味しかったです♪


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

2017年 一人旅 トルコ旅行 パムッカレ(HierapolisPamukkalex) 4日目
世界遺産のパムッカレ(HierapolisPamukkalex)のヒエラポリス遺跡を見た後は、歩いて頂上までいきました。
途中、きれいな花が咲いてる場所が何か所がありました。
IMG_6588.jpg

頂上から市街地を見ることができました。
IMG_6589.jpg

IMG_6578.jpg

真っ青な湖がきれいです♪
IMG_6577.jpg

IMG_6570.jpg

頂上へ着くと、石灰棚のある頂上に着くと、棚田のように広がる温泉のプールがありました。
IMG_6568.jpg

パムッカレの石灰棚
トルコの西部、デニズリ県にある世界遺産としても登録されている観光地。パムッカレとは、トルコ語で「綿の宮殿」という意味があり、昔からこのあたりで綿花が多く生産されていたことから名づけられた。
石灰に覆われた一帯の純白の美しさは、まさに綿の宮殿という名にぴったりで、近くにはローマ帝国時代に温泉療養地として栄えたヒエラポリスの遺跡跡があり、観光客でにぎわう場所。



IMG_6569.jpg


IMG_6574.jpg

石灰棚はかなり滑りやすくなっていました。何度か滑って転びそうで怖かったです。
IMG_6590.jpg

IMG_6591.jpg

1000以上の棚田があるそうで、真っ白な棚田がきれいでした。
IMG_6592.jpg

IMG_6594.jpg

石灰棚は100m以上に渡って、歩くことが可能とのことでした。
IMG_6595.jpg

IMG_6596.jpg

一部、入れる箇所があり、はだしになりました。日本の足湯のように入れる場所で、
温泉はとても暖かかったです。
(詳細はこちら

IMG_6582.jpg


棚田の足湯に入りながら、景色を眺めました。
IMG_6583.jpg

犬がいました。


170520-081814.jpg

170520-081811.jpg

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

2017年 一人旅 トルコ旅行 エフェソス遺跡 3日目
エフェソス遺跡の続きです。

沢山の遺跡がありました。

私が見た遺跡です。
IMG_6454.jpg

沢山あったので、画像だけUPします。。。
IMG_6453.jpg

IMG_6452.jpg

保存状態がいい遺跡で、現地ガイドの方が詳しく説明してくれました。
IMG_6451.jpg

IMG_6450.jpg

IMG_6449.jpg

IMG_6449.jpg

IMG_6448.jpg

IMG_6444.jpg

IMG_6442.jpg

IMG_6441.jpg

IMG_E6476.jpg

IMG_6522.jpg

IMG_6499.jpg

IMG_6497.jpg

IMG_6493.jpg

IMG_6492.jpg

IMG_6491.jpg

IMG_6490.jpg

IMG_6489.jpg

IMG_6488.jpg

IMG_6487.jpg

IMG_6512.jpg

IMG_6511.jpg

IMG_6510.jpg

IMG_6509.jpg

IMG_6508.jpg

IMG_6507.jpg

IMG_6506.jpg

IMG_6505.jpg

IMG_6504.jpg

IMG_6503.jpg

IMG_6502.jpg

IMG_6501.jpg

IMG_6521.jpg

IMG_6520.jpg

IMG_6519.jpg

IMG_6518.jpg

IMG_6517.jpg

IMG_6515.jpg

IMG_6514.jpg

IMG_6513.jpg

IMG_6480.jpg

IMG_6479.jpg

IMG_6478.jpg

IMG_6475.jpg

IMG_6474.jpg

IMG_6470.jpg

IMG_6469.jpg

IMG_6468.jpg

IMG_6467.jpg

IMG_6466.jpg

IMG_6465.jpg

IMG_6464.jpg

IMG_6486.jpg

IMG_6485.jpg

IMG_6484.jpg

IMG_6483.jpg

IMG_6482.jpg

IMG_6481.jpg

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

2017年 一人旅 トルコ旅行 ヒラエポリス遺跡 3日目
3日目の朝、ホテルで食べた朝食です。
170520-061414.jpg

卵料理(グリンピース、人参入りスクランブルエッグ)、ハム、チーズなど。
IMG_6557.jpg

夕食同様、ケーキも沢山ありました。
ヨーグルト、チーズなど、沢山ありましたが、すべての写真は朝早かったので、とっていません。。。

チェックアウトのため、朝食後は急いで部屋に戻りました。
荷物をスーツケースにいれ、チェックアウト。

↓宿泊したホテルの温水プールです。
IMG_6555.jpg

前日は夕食後、温水プールに行きました。
旅行前に、温水プールに入れると聞いたので、水着を持参していました。

温水プールは硫黄のにおいがきつかったですが、
お湯が暖かく、疲れがとれました。

朝食後はバスにのって、世界遺産のパムッカレへ。
IMG_6597.jpg

パムッカレPamukkale (Hierapolis)
トルコ語で「綿の宮殿」という意味[1]。綿とあるのは昔からこのあたりが良質の綿花の一大生産地であることによる。



↓きれいなお花が咲いていました。
IMG_6598.jpg


40分ほど歩くと、ヒラエポリス遺跡に到着♪
IMG_6599.jpg

ヒエラポリス遺跡
ヒエラポリス-パムッカレはトルコ西部・デニズリ県にあるユネスコの世界遺産(複合遺産)の登録名。パムッカレは石灰華段丘からなる丘陵地の名前であり、2世紀頃、ヒエラポリスというローマ帝国の都市が存在した。パムッカレの石灰華段丘の一番上にある遺跡。

ローマ帝国の温泉保養地として栄えた。ローマ帝国時代にも地震で破壊されるが、その後復興。しかし1354年の大地震で完全に廃墟と化す。ローマ劇場、ローマ浴場が残る。

古代遺跡内には温水プールの施設もあり、石柱に腰を掛けたり、遺跡に触れながら温泉を楽しめる。また、ローマ帝国時代の文字が刻まれた石がある。
遺跡としての保存状態もよく、一番保存状態がよい円形劇場は、遺跡全体を見渡すことが出来る。


(詳細はこちら

IMG_6600.jpg

IMG_6562.jpg

IMG_6561.jpg

IMG_6559.jpg

IMG_6558.jpg

IMG_6566.jpg

IMG_6565.jpg

IMG_6564.jpg


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

2017年 一人旅 トルコ旅行 エーゲ海とアイワルク 2日

エフェソスの遺跡の後はパムッカレへ。

IMG_6532.jpg
↓羊の群れに遭遇!
IMG_6531.jpg

パムッカレは温泉が有名な場所とのことでした。
(詳細はこちら

パムッカレと
トルコ西部のデニズリにある「石灰華段丘」。長い歳月をかけて、温泉に含まれている炭酸カルシウムが堆積したものです。古くから綿の名産地だったため、パムッカレとはトルコ語で「綿の城」の意。100以上もの石灰棚を温泉が満たし、昼間は空の色を反射して青く輝き、夕刻には茜色に染まります。



ホテルには温泉プールがありました♪
IMG_6534.jpg

IMG_6535.jpg

夕食はブッフェです。
IMG_6546.jpg

IMG_6547.jpg



トルコのデザートが沢山でました。
・ババロア
IMG_6548.jpg
↑ストロベリーのババロアでした。

・ココナッツフレークをまぶしたHavuçlu Toplar(ハヴチュル・トプラル)
IMG_6549.jpg

IMG_6551.jpg

(トルコのデザート詳細はこちら
チーズ
IMG_6552.jpg

IMG_6554.jpg

メイン料理はお肉やお魚など。
IMG_6542.jpg

IMG_6540.jpg

・ドルマ(dolma)

IMG_6541.jpg

ドルマ(トルコ語・アルメニア語:dolma)
辛味の効いた、米、タマネギ、挽肉、香味野菜などの混ぜものをキャベツの葉やブドウの葉で包んだ料理、あるいは中をくりぬいたナス、パプリカ、ズッキーニ、かぼちゃなどに詰めた料理のこと。中央アジアから北アフリカまで広く分布する料理である。用意に手間がかかるので、古くはご馳走料理の範疇に入った。前菜(トルコ語:メゼ Meze、アラビア語:マザ مزة 、ギリシャ語 メゼデス Mezedes)として、あるいは野菜のおかずとして扱われる。


IMG_6544.jpg

↑お米が入っていました。
IMG_6545.jpg

IMG_6539.jpg

IMG_6543.jpg
---------------
ホテルの近くのスーパーに買い物にいきました。
↓トルコのお菓子です。

IMG_6528.jpg

IMG_6529.jpg

昼食はTurkisch Pizza(トルコ風ピザ)、 ラフマジュンでした。
↑写真なしです。。

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

2017年 一人旅 トルコ旅行 ホテルの夕食@アイワルク 2日目
トルコ2日目の夕食です。

アイワルクのホテルにチェックイン後、ホテルのレストランで夕食です。

レストランの近くにあった置物↓
IMG_6396.jpg

ビュッフェで、中華料理が沢山ありました。

IMG_6397.jpg
いわし、日本のコロッケのようなもの、フライドチキンなどなど


いわしのグリル
IMG_6405.jpg

お肉以外に魚のお料理もありました。

野菜(いんげん)のフライ

IMG_6406.jpg

茄子のソテー。
IMG_6399.jpg
↑ピリ辛で美味しかったです。

フムス
IMG_6413.jpg

フムス 
トルコやエジプトなどの中東や、地中海近郊で食べられている伝統料理。やわらかく煮たひよこ豆を、オリーブオイル、にんにく、胡麻、塩などで味付けしてペースト状にし、そのまま食べたり、パンに塗って食べたりします。ひよこ豆はたんぱく質が豊富で低カロリ


(詳細はこちら
デザート。
IMG_6398.jpg
↑ケーキが沢山あり、美味しかったです♪

ココナッツフレークが入ったケーキ。
IMG_6404.jpg

トルコのスイーツはナッツが入ってるものがあり、とても美味しかったです。

チョコレートのケーキ。
IMG_6403.jpg

チョコレートのババロア

IMG_6401.jpg

ビュッフェで沢山美味しいお料理がり、食べすぎました(w)

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

2017年 一人旅 トルコ旅行 エーゲ海とエフェソスの遺跡 2日
トルコ旅行の続きです。

アイワルクのホテルはエーゲ海が近くにあり、景色がとてもよかったです。
IMG_6415.jpg

ホテルにはプライベートビーチがありました♪
IMG_6417(1).jpg

朝起きて、朝食前にビーチへ♪
IMG_6416.jpg

真っ青なエーゲ海です!!!
IMG_6418(1).jpg

夕食はホテルのレストランでブッフェでした。

トルコ料理はお野菜の料理が多く、また、乳製品を使った料理が沢山あり、
とても美味しかったです♪

朝食も夕食同様にブッフェで、たくさんのメニューがあり、
私はサラダにヨーグルトをかけて食べました。

IMG_6414.jpg

朝食後はバスに乗って観光です。
まずは、革製品のお店へ。
ここでは、1時間ほど、革製品のファッションショーを見ました。

ショーの後、昼食のレストランへ。
IMG_6523.jpg

・ビール「FEES」
IMG_6536.jpg
↑エフェソスのビールで、トルコで国民的なビールで美味しかったです♪
(詳細はこちら

エフェスはトルコを代表するビールで、イズミール近郊にある有名なエフェス遺跡から名前が付けられています。
エフェスビールでも、カンタイプや瓶タイプ、黒ビールや樽生タイプ、アルコール高めのビールなど色々な種類があります。
この写真は樽生タイプですが、通常のエフェスもこちらの樽生タイプも基本的にはくせがなくあっさりしていて、かなり飲みやすいので万人受けするビールです


・スープ
IMG_6525.jpg

・サラダ
IMG_6526.jpg

・トルコ料理 鶏肉の串焼き小さいシシケバブ「チョップシシ」
IMG_6527.jpg

シシカバブ
ぶつ切りにした肉の串焼き料理の一つ[1]。中東を中心にアジア全域で食べられている。シシ(şiş)はトルコ語で串の意[2]、カバブはもともとロースト肉(כבבא)を意味する古代アラム語である。



昼食後はエフェソスの遺跡へ。
(詳細はこちら

IMG_6514.jpg

エフェソス(ギリシャ語:Έφεσος, ラテン文字表記:Ephesos/Ephesus)

トルコ西部の小アジアの古代都市で、現在のイズミル県のセルチュク近郊に位置している。古典ギリシア語読みではエペソス、エフェソ、エペソとも表記され、現在はトルコ語でエフェス(Efes)とも呼ばれる。アルテミス崇拝で知られたギリシア人都市であったが、のちにキリスト教を受容し、新約聖書にもエフェソの信徒への手紙がある。

現在は遺跡が残っている



IMG_6522.jpg
エフェソスはヘレニズム都市として栄えたそうで、世界遺産になっています。

IMG_6436.jpg

2017-05-19 10-56-00

2017-05-19 10-31-38
・ローマ時代の劇場跡
2017-05-19 17-51-22

2017-05-19 11-44-07

・アレキサンドリアの図書館
2017-05-19 17-17-36

沢山の遺跡が残っていて、素晴らしかったです♪

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

フランクフルトから日本に到着@ポルトガル旅行@8日
ポルトガル旅行の続きです。

フランクフルトから羽田まで、機内ではワインを飲みながら映画を見ました。

帰りの機内食の画像はとっていません。。。

羽田空港到着後、まずは父に電話。
父も母と私が帰国できるか、心配していたようです。

羽田に到着後、羽田空港のレストランで母と食事をとりました。

IMG_2777.jpg

IMG_2778.jpg


IMG_2779.jpg

IMG_2780.jpg

3時間ほどして、飛行機に乗り、夜10時過ぎに自宅に到着。。。

帰りは重いスーツケースを運ぶのが大変でした。。。

今だから言えることですが、出発日が数日伸びていただら、
旅行は中止になっていたかもしれません。

実際、今回のツアーは10数名キャンセルが出たそうです。

帰国の際は、予定より、8時間おくれてましたが、
日本に帰国できたので、よかったです。

また、母と旅行ができ、母の念願の夢である
サンティアゴ・コンポステーラを見ることができてよかったです。

ところで、今朝、朝食にポルトガルで買ったチーズを食べた私です。
IMG_2833.jpg

また、ポルトガルに行ったら買ってみたいです。

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

リスボンからフランクフルトへ 最終日@ポルトガル旅行@8日
リスボン最終日は朝が早かったです。。。

3時にホテルチェックアウトのため、1時間前に起床。。。

↓ホテルのロビーは大きなソファーがあり、きれいなホテルでした。
IMG_2761.jpg

朝食をホテルのレストランでとることができないため、
ランチボックスを前日に受け取りました。

りんご、飲み物、ヨーグルト、パン。
パンのみしか画像が残っていません。。。
IMG_2772.jpg

スーツケースに荷物を詰めて、機内持ち込みは最小限にしました。

が、母のほうは。。。

旅行前の段階で母のスーツケースは荷物がパンパン(w)

帰りはスーツケースに入らないものがあり、
現地で、カバンをかったりと(w)

朝食は前日の夜7時過ぎにロビーで、受け取っていたので、
手荷物にいれて、バスに乗って空港へ。

今回の旅行はコロナの影響で、帰りの便が変更になりました。

前日にバスで移動中にガイドさんから

「コロナの影響で、航空便に変更が出て、
リスボン出発が伸び、日本到着が伸びるか、便を変更して羽田まで帰国するかになりそうです」との連絡が。

帰りは、リスボンからフランクフルト経由で羽田まで帰ることになりました。

帰りのフランクフルト空港ではビール350mlが3.1ユーロ
IMG_2762.jpg

フランクフルト空港には背もたれがあって、足がのばせるリクライニングチェア、
ゲームができる場所もありました♪

IMG_2768.jpg

IMG_2767.jpg

IMG_2764.jpg

料金は無料で、利用できました。
IMG_2765.jpg

IMG_2766.jpg

日本までの羽田行きに搭乗するまで6時間以上あったので、
私は空港内のDFSやお店で時間をつぶしました。

ちなみに、母は他のツアーの人とフランクフルト空港から出て、
現地スーパーにいっていたようです。


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

リスボンのスーパーで買い物@リスボン ポルトガル旅行@7日
コメルシオ広場の続きです。

地下鉄でホテル近くの駅まで10分くらいでした。
その後、ホテルへ歩いていけると、ガイドさんから聞いたので、
ホテルまで歩いて帰ったのですが、これが。。。

大変でした。。。

2回ほど迷い、現地の人に聞き、20分かけて歩いてホテルに到着。。。

3月でしたが、夏のような日差しで、Tシャツ姿の方もたくさんいました。

ホテルついたときは、汗だく状態だった私です。。。

2時間ほどして、母が部屋に戻ってきました。

話を聞くと、ガイドの方たちとリスボン市内の観光をしながら、
(サンタ・ジュスタのエレベーターやコメルシオ広場)
タクシーで帰ってきたそうです。

私は、前回のポルトガル旅行でリスボン市内の観光はしたので、
母がガイドさん、他のツアーの方と観光を楽しめたのはよかったです♪

私は一人、ホテル近くのスーパー「Miniporesso」へ。

お店で↓を発見。
ワイン。ヴィーニョ・ヴェルデ」が2.95ユーロ(約350円)
IMG_2547.jpg

買おうか迷いましたが、荷物が重くなるので、あきらめました。

買ったのは

・インスタントコーヒー 1.94ユーロ(約252円)

IMG_3017.jpg

・アーモンド 200g 2.99ユーロ (358円)

IMG_3018.jpg

・チョコレート 0.74ユーロ (89円)

・ワイン1リットル 0.98ユーロ(118円)
IMG_3016.jpg

買い物をした後、母とまた、スーパーへ。
母の買い物に付き合い、ホテルの部屋に戻りました。

↓母がスーパーで買った缶詰です。

・TACOS EN ACEITE DE GIRASOL POTA EM OLEO DE GIRASSOL
IMG_E3039.jpg

↑中身はタコで、タコのオイル漬けで、とても美味しかったです。

(ポルトガルの缶詰についての詳細はこちら

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

コメルシオ広場(Praça do Comércio) ポルトガル旅行@@6日
リベイラ市場の続きです。

その後は、ホテルに戻ることになっていたので、
ガイドさん、他のツアー客数名と待ち合わせ場所に集合しました。
みんなでホテルに戻ることになっていたのですが、
数名の方がお店に立ち寄って、買い物をし始め、
ホテルに戻る時間が遅くなりそうな雰囲気に。。。

迷って、私は一人でホテルに戻ることにしました。。。

母も一緒だったので、当初は最後まで付き合おうと思いましたが、
ガイドさんもいて、母も買い物が楽しそうだったので、
一人で帰ると告げ、別行動に。

今回のツアーでは自由行動があまりなかったので、
時間を無駄にしたくなかったのです(w)

買いたいものがまだあったり、翌日の荷物のパッキングもあり、
翌日は最終日で、明け方3時にホテルをチェックアウトし、早朝の便で帰国となっていたため。

・コメルシオ広場

IMG_0866.jpg

コメルシオ広場(Praça do Comércio)

ポルトガル・リスボンにある広場。『貿易広場』という意味である。テージョ川近くにあり、いまだに元の名前テレイロ・ド・パソ(Terreiro do Paço、宮殿広場の意味)が有名である。


IMG_0870.jpg

2回目のリスボンだったので、大体の場所は分かったので、
地下鉄に無事に乗ることができました。

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

リベイラ市場で種購入 ポルトガル旅行@6日
朝食後はリスボン市内観光へ。

・ベレンの塔(Torre de Belém)
800px-Lisboa_Lisbon_Lissabon.jpg

テージョ川に面して建つ大航海時代を象徴するベレンの塔。16世紀初頭に建てられたマヌエル様式の塔です。ジェロニモス修道院と同様、世界遺産に登録



テージョ川があるので、川の景色が楽しめる場所です。

・発見のモニュメント(Padrão dos Descobrimentos)
IMG_2735.jpg

IMG_2734.jpg

発見のモニュメント
ベレンのテージョ川岬にそびえ立つ記念碑、エンリケ航海王子をはじめ、マゼランやヴァスコ・ダ・ガマなど、大航海時代に活躍した33名の偉人たちの像が特徴的です。青い海と空をバックに建つ巨大モニュメント



表と裏があるそうで、今回は表だけでなく、裏も観ることができました。

その後、ジェロニモス修道院(Mosteiro dos Jerónimos)へ。

ベレンの塔から歩いて10分くらいにあります。

IMG_2736.jpg

IMG_2737.jpg

ジェロニモス修道院
16世紀初頭に着工してから300年以上の期間を経て19世紀に完成した、白亜の大寺院は、完成度の高さからポルトガル建築の最高峰と讃えられ、1983年には世界遺産に登録されました。
宮殿のような壮大な外観はもちろん、マヌエル様式と呼ばれる世界的にも珍しい建築様式が特徴。マヌエル様式の最高傑作ともいわれ、大航海時代の富をつぎ込んで建築された。
毎月第1日曜日の14時までは無料



IMG_2738.jpg

IMG_2739.jpg
ヴァスコ・ダ・ガマとルイス・デ・カモンイスの棺が安置されていましたが、
現地ガイドさんいわく、↑の真偽は定かでないそうです(w)

リスボンの市場にバスでいきました。
リベイラ市場(Mercado Da Ribeira )」

IMG_2753.jpg

IMG_2707.jpg

リベイラ市場(Mercado Da Ribeira)
「リベイラ市場(Mercado Da Ribeira)」は、1882年開設の市場ですが、2014年にリニューアル・オープンし、一部フード・コートとして賑わっています。
生鮮食品の市場の営業時間は、6:00〜14:00。
フード・コートは、 日〜水曜日 10:00〜24:00 木〜土曜日 10:00〜26:00


前回、リベイラ市場では野菜などうってる市場が開いてなく、
フードコートのみでしたが、今回は市場も見ることができました。

野菜、魚、お肉、チーズを売ってるお店がありました。
IMG_2751.jpg

IMG_2750.jpg

IMG_2752.jpg
私と母は種を売ってるお店を見つけたので、種を購入しました。
IMG_2760.jpg

IMG_2756.jpg

IMG_2755.jpg

私が勝ったのは↓です。

・スイスチャード
IMG_2759.jpg

・ナスタチウム
IMG_2754.jpg
2ユーロでした。


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

2020年のガーデニング
久しぶりのベランダ菜園の記事です。

べランで、今、咲いてる花です♪

ゼラニウムが満開です♪
IMG_3034.jpg

昨年から父もべランでお花を育てています。
IMG_3033.jpg

父が大切に育ててるゼラニウムが沢山咲いています♪

3月に種まきしたナスタチウムが発芽しています♪
IMG_3036.jpg

そして、スイスチャードが元気に育っています♪
IMG_3035.jpg

ここ数年はスイスチャードを毎年種まきしてるので、
収穫が楽しみです。

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

リスボンで泊まったホテルと飛行機@ポルトガル旅行@6日
リスボンで泊まったホテルサナメトロポリタンの朝食はとてもよかったです。
野菜があったからです(w)

6日目の朝食です。

チキンナゲット
IMG_2719.jpg

豆の煮込み
IMG_2720.jpg

野菜の炒め 
IMG_2721.jpg
中華風の味付けでした。

マッシュルームのグリル
IMG_2722.jpg

ポルトガルのホテルで何度が出たマッシュルームのグリルです。
ガーリック風味でとても美味しかったので、何度もおかわりしました(w)

IMG_2715.jpg


ケーキ
IMG_2716.jpg

IMG_2717.jpg

他には卵、チーズ、ヨーグルト、フルーツなどありました。

食後にコーヒーとフルーツを食べた私です。

IMG_2718.jpg

キウイ
IMG_2725.jpg


朝食のレストランからバルコニーに出ることができて、飛行機が飛んでるのが見えました。
IMG_2726.jpg


IMG_2727.jpg

旅行中は野菜不足に陥りますが、
ホテルの朝食メニューにサラダ以外の野菜メニューがあり、ラッキーでした。

ちなみに、ホテルには航空会社関係の方がとまっていたようで、
制服を着た添乗員の人が数名いました。

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

ロカ岬(Cabo da Roca)@ポルトガル旅行@5日
昼食後はロカ岬(Cabo da Roca)へ。
IMG_2703.jpg

岬はとても風が強かったのですが、景色がきれいでした。

ロカ岬(Cabo da Roca)は、ポルトガル共和国リスボン都市圏にあるユーラシア大陸最西端の岬である。位置、北緯38度47分、西経9度30分。西には大西洋が広がり、その遥か先にはポルトガル領のアゾレス諸島がある。世界遺産として有名な観光都市シントラやカスカイスから、バスが出ており、リスボンからの日帰り観光も可能である。

ここには、ポルトガルの詩人ルイス・デ・カモンイスの叙事詩『ウズ・ルジアダス』第3詩20節の一節「ここに地終わり海始まる(Onde a terra se acaba e o mar começa)」を刻んだ石碑が立っている。また、有料だがユーラシア大陸最西端到達証明書がある。5ユーロと10ユーロのタイプの証明書があるが、どちらにしても証明書には名前・日付などが入り、裏面には主要国の言葉で書かれた上記の詩(日本語もある)が書かれたものを入手することが出来る。


その後、バスにのり、リスボンのホテルへ。
ホテル到着後、近くにスーパーがあると聞いたので、
一人でスーパーへ。

ポルトガルは治安が悪くないので、一人行動でもOKです(w)

スーパー「MiniPresso」がありました。

IMG_2709.jpg


チーズ売り場へ。安いです!!!


たくさんチーズを買いたかったのですが、今回は前回買わなかったチーズを買いたく、
フェタチーズを探しました。

残念ながら、なかったので、ワイン売り場に行き、ポルトガルのワインもチェック。

VINHO VERDE 2.29ユーロ

IMG_2710.jpg

IMG_2711.jpg

ポルトガル生まれのワイン ヴィーニョ・ヴェルデ 
緑のワインとも呼ばれる”ヴィーニョ・ヴェルデは、アルコール度数も低めの微発泡ワイン
ポルトガル語で「vinho」はワインを意味し、「verde」は緑やフレッシュといった表現を含み、直訳すると“緑のワイン”となります。その名前の通り、完熟前のブドウ(緑のブドウ)を用いて醸造されるのが最大の特徴


(詳細はこちら

1.99ユーロのワインもありました。
IMG_2714.jpg

IMG_2712.jpg


また、旅行前にポルトガルはコーヒーが安いとネットで見たので、
インスタントコーヒーを買いました。

ホテルに戻り、母に近くにスーパーがあると伝えると、
行きたいとのことで、一緒にスーパーへ。

夕食用のピクルス、トマトなど購入してホテルに戻りました。

話は変わって、ポルトガルのコーヒーは安く、
お店でも0.5ユーロ弱でした。
IMG_2662.jpg
※エスプレッソ 0.5ユーロ(60円)、ラテ 1.1ユーロ(130円) カプチーノ 1.5ユーロ(180円)


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ