三十路オンナの表と裏
趣味は旅行、映画と音楽鑑賞、写真、散歩、家庭菜園など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

Under Pressure


『アンダー・プレッシャー』 (Under Pressure) は、イギリスのロック・バンドであるクイーンと、イギリスのミュージシャンであるデヴィッド・ボウイの共作による楽曲。

1981年にEMIとエレクトラ・レコードよりシングルでリリースされ、後にクイーンのアルバム『ホット・スペース』にも収録された。またヴァージン・レコードのデヴィッド・ボウイのアルバム『レッツ・ダンス』のリマスターCDにボーナス・トラックとして収録されている。
ボウイとクイーンのジャムセッションの中で生まれた楽曲で、イギリスのシングルチャートでは、1975年の『ボヘミアン・ラプソディ』以来2度目の1位を獲得するなど、大ヒットした。
高音パートはフレディー・マーキュリー、低音パートはデヴィッド・ボウイが担当。
この曲の最初のタイトルは「People on Streets」であったが、後に現在のタイトルとなった。
1994年、アメリカで発売された「クラシック・クイーン」に収録されてあるバージョンは、別バージョンで収録されてある。

プロモーションビデオ [編集



Mm ba ba de
Um bum ba de
Um bu bu bum da de
Pressure pushing down on me
プレッシャーが僕におしかかる
Pressing down on you no man ask for
君を押しつぶそうとする 頼みもしないのに
Under pressure - that burns a building down
プレッシャーの下で――ビルは倒壊していく
Splits a family in two
家族は四散して
Puts people on streets
人々は路頭に迷う

Um ba ba be
Um ba ba be
De day da
Ee day da - that's o.k.
それは別にいいのさ

It's the terror of knowing
知ろうとする恐怖
What this world is about
この世界が一体何なのかを知る恐怖
Watching some good friends
仲間たちが見える
Screaming 'Let me out'
叫んでいる 「ここから出してくれ!」
Pray tomorrow - gets me higher
明日に祈ろう――俺を持ち上げろ
Pressure on people - people on streets
プレッシャーが人間へと――路上の人間へと

Day day de mm hm
Da da da ba ba
O.k.

Chippin' around - kick my brains around the floor
切り刻まれて――僕の脳がそこいらで蹴り回されて
These are the days it never rains but it pours
雨が降る時は必ず土砂降りなんだ

Ee do ba be
Ee da ba ba ba
Um bo bo
Be lap

People on streets - ee da de da de
路上に人々が
People on streets - ee da de da de da de da
路上に人々が

It's the terror of knowing
この世界が一体何であるかを
What this world is about
知ろうする恐怖
Watching some good friends
仲の良い連中が
Screaming 'Let me out'
叫んでいる 「ここから出してくれ!」
Pray tomorrow - gets me higher high high
明日に祈ろう――俺は高く高く高くへ
Pressure on people - people on streets
プレッシャーが人間へと――路上の人間へと

Turned away from it all like a blind man
それから目を背けたんだ、盲目の人みたいに
Sat on a fence but it don't work
フェンスに座ってみてもうまくやれない
Keep coming up with love
それは愛と共にやってくるが、
but it's so slashed and torn
引き裂かれ亀裂だらけで

Why - why - why ?
なぜ――なぜ――なぜ?

Love love love love love


Insanity laughs under pressure we're cracking
プレッシャーの下で狂気が笑い、僕たちは壊れはじめる
Can't we give ourselves one more chance
どうして僕たちは自分自身に、もう一度のチャンスをやれないのか
Why can't we give love that one more chance
その愛ってやつにもう一度のチャンスを与えてやればいいんだ
Why can't we give love give love give love give love
与えるんだ 愛に 愛に 愛に
give love give love give love give love give love
愛に 愛に 愛に

'Cause love's such an old fashioned word
愛ってのはとても古くさい言葉だからさ
And love dares you to care for
そしてその愛ってのが人をやる気にさせる
The people on the edge of the night
夜の淵ぎりぎりに突っ立っているような奴を気にかけるように
And love dares you to change our way of
そしてその愛ってのが人をやる気にさせる
Caring about ourselves
自分自身の気にかけ方を変えるように
This is our last dance
これが僕らの最後のダンス
This is ourselves
これが僕ら自身
Under pressure
プレッシャーの下の
Under pressure
プレッシャーの下の
Pressure
プレッシャー


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misojiwoman.blog78.fc2.com/tb.php/2461-001c756d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。