三十路オンナの表と裏
趣味は旅行、映画と音楽鑑賞、写真、散歩、家庭菜園など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

頭が良くなるアホエンオイル
胡椒たっぷりのモヤシスープを食べた三十路オンナです。

IMG_0074
辛いものが好きなので、一味同様、胡椒も大量にトッピングします。。。
↑舌がマヒしてる。。。(ボソ)

お正月にお鍋を食べました。

その時、使おうと思って買っていた牡蠣、
他の具材が多くて、結局、食べきれず・・・。

で、冷蔵庫で数日放置。
賞味期限が切れる当日に気づき、またまた、牡蠣のアヒージョを作りました。

今回は頂き物の『アホエンオイル』(エキストラバージンオリーブオイル)に漬け込みました。
IMG_0073[2]_convert_20150107085220

『アホエンオイル』の効能

①脳若返り・記憶力アップ

37歳のこの人は、脳年齢が45歳だたが、アホエンを飲んだ後は、35歳の脳年齢になり、ここでも効果が現れた。

②コレステロールを正常値にする

悪玉コレステロールの基準値(70~139mg/dl)をオーバーしている被験者3人がアホエンオイルを2週間とると、基準値をオーバーしていた三人が皆、基準値内に収まった。

③尿酸値を下げる

尿酸値も高かった3人は、基準値7.0mg/dl以下のところ、ギリギリの値だった。それが、2週間で正常になった。

④活性酸素濃度を下げる

血中の活性酸素濃度は、基準値6.4~12.8%のところAさん、Cさんは基準値をオーバーし要注意の状態だったが、2週間で正常値になった。

⑤血液サラサラ

アホエンを摂りつづけると、赤血球は正常に丸くなり、赤血球どうしがくっつくこともなくサラサラの血液になった。

⑥中性脂肪が下がる

Aさんは、中性脂肪が347(基準値59~149mg/dl)とかなり高かったが、実験の結果、120になるまでになった。

⑦γ-GTPが正常になる

Aさん、Cさんは、γ-GTPの値(基準値16~73U/I)が高く肝臓が弱っている状態だったが、アホエン摂取後、値が回復し肝機能が正常になったことが分かった。

⑧発がん性物質を抑える

マウスに発癌物質を塗り、さらにアホエンを塗ると、がんの発生が抑えられた。がん予防効果が注目されている。

⑨美肌効果

血流が良くなり肌のキメが整うなど、美肌効果があった。

■確認されている事実

ニンニクに含まれているガルリシン、セレンは、ガンの発生を防ぐ。
ガルリシンはT細胞を活性化させ、免疫力を高める。
ニンニクは抗酸化作用があり老化防止。
ニンニクは血糖値を低下させるほか、悪玉コレステロール値も低下させる。
ニンニクは血小板が固まるのを防ぎ、血液をサラサラにします。
ニンニクは肝臓を保護し肺を守り、気管支炎やぜんそく症状を緩和する。
アホエンオイルのニンニクは脳細胞を活性化させる。
ニンニクは大腸菌に対し強力な殺菌作用が極めて強い。
高血圧、高血糖、高脂血豆、冠動脈の血管硬化の治療効果が期待される。
アホエン養分は、胸腺や肺臓の重量と臓器の指数を高める効果がある。
これはリンパ器官の細胞を増殖させる。
ニンニクはリンパ球の若返りを回復。
中国の医療チームが、ウガンダのエイズ患者にニンニクを使った治療で症状が明らかに改善された。


※詳細はこちら

物忘れの激しい私にぴったりのオイルです。。。

更に他にも体にもいいようで、今回はいただき物のオイルでしたが、
ベランダで収穫したニンニクでアホエンオイル作ってみたくなりました。

完成後の牡蠣のアヒージョが待ち遠しいです。
そして、にんにくオイルも!!!
パスタやバケッドにオイルは使えそうなので♪


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misojiwoman.blog78.fc2.com/tb.php/2933-c68cf393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。