三十路オンナの表と裏
趣味は旅行、映画と音楽鑑賞、写真、散歩、家庭菜園など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

こっそりとフェンネルやイタリアンパセリ
こっそりとベランダで栽培を楽しんでる三十路オンナです。
↑やはり、今年も園芸店での衝動買いは止められません。。。病気です。。。(ボソ)

まずはフェンネル!!!
IMG_0151.jpg


フェンネル(英:Fennel、学名:Foeniculum vulgare)は、セリ科ウイキョウ属の多年草。和名はウイキョウ(茴香)、または、ショウウイキョウ(小茴香)。仏名はフヌイユ (fenouil)。

草丈は1-2m。葉は糸状で、全草が鮮やかな黄緑色をしている。花期は、6-8月、枝先に黄色の小花を多数つける。秋には7mm程度の長楕円形をした茶褐色の実をつける。

地中海沿岸が原産とされ、古代エジプトや古代ローマでも栽培されていた記録があり、歴史上もっとも古い作物のひとつとされる。

主産地はインド、中国、エジプトなど。日本には平安時代に中国から渡来し、長野県、岩手県、富山県などで多く栽培されている。沖縄料理においては『いーちょーばー(胃腸葉)』と呼ばれ、整腸作用のある島野菜として珍重されていた。魚汁やまーす煮などの魚料理の臭い消しとして用いられ、時に平焼きなどの薬味としても用いられた。

若い葉および種子(フェンネルシード)は、甘い香りと苦みが特徴で消化促進・消臭に効果があり、香辛料(スパイス)、ハーブとして、食用、薬用、化粧品用などに古くから用いられている。

西洋では魚料理やピクルスの風味付けに用いられ、インドではカレー料理に、中国では五香粉の原料として用いられる。またパスティス[7]やアクアヴィットなどの酒類・リキュール類の香り付けにも用いられる。またフェンネルシードをさまざまな色の砂糖でコートしたもの(ヒンディー語で「ソーンフ」。フェンネルの意味。)がインド料理店で口直しとしてレジの横などに置かれていることがある。

フェンネルの鱗茎(葉柄基部が肥大したもの)はフィノッキオ (finocchio) とも呼ばれ、野菜としてタマネギなどのようにサラダや煮物、スープなどに用いられる。茎・葉は生食されるが、その他にも佃煮、シチューなど肉料理の香味野菜として使用される。


※育て方はこちら

そして、イタリアンパセリです♪
IMG_0150.jpg
※普通のパセリもありますが、衝動買いでイタリアンパセリの苗をこそっと買ってしまったのです。。。

やはり、園芸店は今年も私の危険区域。。。

興奮して、種や苗を衝動買いしないように、また、今年の目標としてプラスです。。。

そして、もう長く育ててる「海のしずく」、はい、ローズマリー
IMG_0149.jpg

ローズマリーの香り、大好きです♪

また、今年もお花が楽しめて、大満足の三十路オンナです♪

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです(^^)
フェンネルとイタリアンパセリ、どっちも好きです。あ、ローズマリーも。
いまイタリアンパセリはワサワサとベランダで生えてます♪
2015/03/14(土) 20:58:36 | URL | えりぷー #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
>えりぷーさん

コメントありがとうございます♪

えりぷーさんもハーブやお野菜がお好きで、うれしいです♪

ベランダ菜園、楽しまれているようですね。
これから暖かくなり、楽しい季節になりそうですね♪
2015/03/15(日) 09:10:29 | URL | 三十路オンナ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misojiwoman.blog78.fc2.com/tb.php/2970-e3e13a78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。