三十路オンナの表と裏
趣味は旅行、映画と音楽鑑賞、写真、散歩、家庭菜園など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

女房逃ゲレバ猫マデモ
「サウスバウンド」を読んでる三十路オンナです。


奥田ワールドですな。読みやすくて、面白い。
小説の中に出てくるオトンが最高に笑えます。
まぁ、家族にしたら、迷惑なこともあるが。(笑)

今半分くらい読んでるけれど、
自給自足ってのは、ほんといいなぁーと思いました。

ところで、先週は2冊の本を読みました。

一つ目は東野圭吾の「ダイイング・アイ」



東野圭吾にしては珍しく、どろどろとした内容で、
読んでると、京極夏彦の作品のような、怖さが。。。


でも、さすがです、東野圭吾

ミステリーとしても楽しめるし、
またしても、交通事故の犯罪の軽さ、
そして、遺族の立場をまたも考えさせられる本でした。
(手紙同様に。)



そして、次に読んだのは、
「きよしこ」、「ビタミンF」で有名な重松清が絶賛していた「女房逃ゲレバ猫マデモ」。



うー、超いいっすー。これー。
喜多条忠の自伝小説。
喜多条忠についてはこちら

ストーリーは
---
主人公は、妻と別れ、二人の子を育てることになった作詞家。
家庭を顧みなかった売れっ子時代を反省し、子どもと向き合うことにする。

叙情性豊かな文章で描かれる日常や親子の掛け合いは、切なくユーモラス。

---

読んでいて、主人公の子供であるパセリ、ユタカの逞しさや純粋さ、
そして、家族のアットホームな雰囲気に癒されました。

また、彼の秘密について書かれていた部分には号泣しました。
(あまり書くとネタばれするので)


読んでみると分かるのですが、オカンものに弱いな。(笑)

そーいえば、本で泣いたのは「ホームレス中学生」以来です。


(その前は「東京タワー」だった)
いやー、ほんと、これはお勧めです。
また、読み直したいと思う一冊でした。

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記


ぽちっとよろしく!!
FC2ブログランキング FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misojiwoman.blog78.fc2.com/tb.php/838-3c00f7cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。